甘酒,効果,なし

甘酒は効果なし!?選ぶ種類と飲み方で効果を引き出せるって知ってる?

甘酒は効果なし!?選ぶ種類と飲み方で効果を引き出せるって知ってる?

 

 

最近では甘酒を飲むだけでダイエットや美肌に効果があると注目されていますね。
飲むだけなんて簡単だと取り入れてみたものの、あまり効果がないような気がするという人もいるのではありませんか?

 

実は甘酒の種類や飲み方を間違えると効果がないかもしれないってご存知ですか?
そこで甘酒の効果を最大限に引き出す方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

効果がないと感じたのは甘酒の種類を間違えているから?

 

 

甘酒は『飲む点滴』と言われているほど栄養価が高く健康ドリンクとして最適です。
病院で点滴を打つ時って、体調が悪い時や食事がとれなかった時に元気を取り戻すためにしてもらうことが多いですよね。
出勤前にドリンク剤を飲む人がいますが、外国では点滴を打ってから出社する人もいるそうです。
甘酒は飲むだけで元気が出る手軽な点滴とも言えますよね。

 

ところで甘酒には酒粕で作られたものと米麹で作られたものの二種類あるって知っていますか?
どちらでも健康ドリンクには違いはないのですが、ダイエットや美肌効果を狙うならより効果がある方の甘酒を飲んだ方がいいですよね?
まずは二つの甘酒の主な成分を見比べてみましょう。

 

 

100gあたり) 酒粕 米麹
カロリー 227Kcal 286Kcal
炭水化物 23.8g 59.2g
脂質 1.5g 1.7g
たんぱく質 14.9g 5.8g
ビタミンE なし 0.2mg
ビタミンB1 0.03mg 0.11mg
ビタミンB2 0.26mg 0.13mg
ビタミンB6 0.94mg 0.11mg

 

 

こうしてみてみると気になるのがカロリーと炭水化物でしょうか?
ダイエットを狙うなら酒粕の方がいいように見えますが、酒粕の甘酒はそのままでは飲みにくいため砂糖が含まれています。
砂糖分だけカロリーが高くなります。さらにアルコールも少量ですが含まれているためお酒が苦手な方や車を運転する方には不向きです。
毎日、時間を気にせず甘酒ダイエットをしたい方は米麹の方がいいかもしれません。

 

美肌効果を狙うならタンパク質やビタミンB6が多い酒粕甘酒の方がいいですね。
日本酒の成分が含まれている美容液があるように酒粕には美肌に期待できます。
寝る30分ぐらい前に酒粕甘酒を飲むと、少量のアルコールでぐっすり眠ることができます。
それにお肌の新陳代謝が活性化されてお肌がツルツルピカピカになる可能性もあります。

 

もちろんどちらも身体には良い成分が多く含まれていますので好きな方を飲んでも問題はありません。
ただ効果を実感したいのなら、それぞれの良い点を理解していた方がいいですよ。

 

 

 

甘酒の豊富な栄養と効果効能って?女性の味方、甘酒の魅力とは?

甘酒は効果なし!?選ぶ種類と飲み方で効果を引き出せるって知ってる?

 

 

甘酒は『飲む点滴』と呼ばれるほど栄養豊富で健康に最適な飲み物です。
もちろん男性にもおすすめですが、特に女性にはうれしい成分がたくさん入っています。

  1. 美肌効果
  2. 便秘解消
  3. ダイエット
  4. 免疫力アップ
  5. 疲労回復
  6. 髪の毛ツヤツヤ
  7. 血流が良くなる

など、ざっと上げただけでもこれだけの効果が期待できます。

 

甘酒に入っている酵素や食物繊維、ビタミンやミネラルなどが、腸内環境を整えてくれて便秘解消になります。
そしていらない毒素をため込まないことで肌はきれいになり美白効果もあるのでシミやそばかすも消える。

 

さらに血流が良くなるので代謝がよくなり脂肪も効率よく燃やすことができダイエット効果もあります。
髪の毛もツヤツヤになるし顔色も良くなるし免疫力アップで病気知らずで元気いっぱいともういいことばかりですよね。

 

腹持ちもいいので食べ過ぎを押さえることができますし、リラックス効果もありますのでストレスが溜まらずに毎日が健康に過ごせます。
劇的な効果は望めませんが毎日続けることで身体全体が健康になり、結果として知らない間に美肌やダイエットに効果が出ているということになりますよ。

 

 

甘酒は身体に良いというのは間違いないのですから、飲んでも損はありません。
酒粕でも米麹でも一日コップ一杯程度を毎日飲み続けることが大事ですよ。

 

 

普通の甘酒よりもはるかに効果が高い!?あまざけ美人酵素の全て!